山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

ランタン~出会いは灯りの数~

メイン画像

2018.5.19

ふたりの未来をともす灯りへ

自分でテントを張り、大自然のなかでゆっくりとした時を過ごし、火を焚き、鳥の声が聞こえる朝を迎え、肩を並べて珈琲を飲む、その時間が最良の時間だと話すおふたりの結婚式をご紹介します。
自然が好きでアウトドアが大好きなおふたり、新郎の雄志さんと新婦のひろみさんの結婚式は、披露宴会場がオリジナルのキャンプ場へと姿を変えました。現在は県外で暮らしているおふたり。この日お集まりいただいたゲストの皆さんのテーブルには、入場と共におふたりが一つ一つランタンを置きます。暗いところを明るく照らす灯火はキャンプには必要不可欠な存在であり、それはおふたりとゲストの繋がりを象徴するものでした。灯りの数は、出会いの数。何もせずにともる灯りはきっと無く、相手がいて、信頼関係があって生まれるものだと私は思います。学生時代を共に過ごした友人との色、一緒に仕事をする仲間との色、そして一番近くで愛情を注いでくれた家族の色・・・。それぞれ異なるランタンの色はおふたりの歩みそのもので、一つ一つの灯りは会場を包む大きな灯りへと育ちました。それはおふたりの未来をともす、はじまりの灯りなのです。

実は、いつか山形に戻って暮らしたいとUターンを希望されていたおふたり。結婚式の前日、私が内緒で撮影してきた写真を見ていただきました。それは蔵王の麓、自然豊かな場所にある雄志さんが生まれ育ったふるさとの写真。とても素敵な場所でした。少しずつ若い人が減ってしまったという地域に、いつかおふたりがあたたかな灯りをともす日を私も一緒に待っています。そのときの灯りは、きっとみんなの心に幸せをともすはずです。ウエディングプランナー 上條智広

サブ画像

サブ画像

サブ画像

ガーデンを蔵王の自然に例え執り行ったシビルウエディング。青空の下での誓いは、自然が好きで、地元への愛情を胸にもつおふたりにぴったりな結婚式でした。

会場へ続くホワイエのランタンロード。ランタンの色はゲストと出会った時代を表し、その間には出会ったゲストとの写真をコーディネートしました。
そしておふたり自身もランタンをもって登場。一卓一卓にランタンを置き、当時の思い出話をするという進行はゲストの皆さんにもお喜びいただきました。メインソファにともるのは2018年版のオリジナルランタン。おふたりで歩む人生に、やさしい灯がともりました。

ファーストバイトは大きなパエリアで!そしてテントの前はフォトコーナーとなり、ゲストの皆さんとコミュニケーションをとるお時間に。おふたりが日常的に使用しているテントの前で撮る非日常的な写真は、これからテントを利用するたびに大切な仲間のことを思い出すのではないでしょうか。

結婚式を通過点としてはっきりと見えた将来のビジョンがありました。ふるさとの思い出を胸にしっかりもった雄志さんと、「いつかはこの場所に住みたい」とおっしゃったひろみさん。おふたりがいつか山形へ戻り、真っ暗だった家に灯りをつける。その日は5月19日の結婚記念日にしましょう。そしてそこにはこの日結婚式をお手伝いしたスタッフも一緒に駆けつけます。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

Anniversary

サムネイル

記念日を迎えて深まる家族の絆を

2018.11.11

11月11日は哲郎さんと黄菜さん、二人の結婚記念日「Anniversary」になりました。 実はお付き合いをスタートされた日としてもおふたりは大事にしている日だとお聞きしました。 最近だと「ポッキー&プリッツの日」が有名でしょうか。その前までは「おそろいの日」なんて言われていました。くつしたの日でペアーズディなんて言われたりもします。ピーナッツの日、箸の日、私はお二人の寄り添う横顔が素敵は「11」に見えます。その中でもシャンデリアの向こうでお互いお鼻を「ちょん」とあわせたこの...

詳しく見る

青空の下で

サムネイル

「ちゃんと見てるよ」故郷の空で繋がった想い

2018.10.7

秋晴れの綺麗な空が広がる10月。たくさんの恵みを受け育った稲は黄金に輝き、収穫の時期を迎え、立派に育ったお米はおいしく幸せな気持ちにしてくれます。 これまでの感謝を伝え、結婚式に来ていただいた方に楽しんでいただきたいという剛さんと美穂さんの想いと少し似ているなと思いました。たくさんの恵みは育ててくれた親御様の愛情、ご友人の方の支え。おふたりで歩みはじめる人生はきっと出会う方々を幸せにすると、私はおふたりとお会いしてそう感じました。 美しい山々と水に囲まれた自然豊かな山形は...

詳しく見る

ハレ舞台

サムネイル

~ある結婚式での語り~

2018.10.7

俊介さんと奈那子さん、そしてふみのちゃんのこれまでの歩みは紛れもないノンフィクションのストーリー。ご縁があって出会い、これからどんな物語が生まれるんだろう。この結婚式はきっとそのはじまりの1ページなのかもしれません。 東京で暮らし、地域に古くから眠る話を書き起こし、朗読劇として公演をされる俊介さんと奈那子さん。伝えるべき地域の歴史を未来に語り伝えていく。おふたりの出会いのきっかけも俊介さんが務めた朗読会にあったそうです。結婚式もまた、決意と紹介と感謝の想いを表現するおふたり...

詳しく見る

節目を結ぶ

サムネイル

いつもそばにあった家族の愛情のカタチ

2018.9.8

新郎の亮太さんと新婦の倫代さん、おふたりが幼い頃にあった共通の思い出。亮太さんが学校から帰ってくると、「おかえり」と一緒におばあちゃんが握ってくれたおむすびがありました。倫代さんが朝起きた時は「おはよう」と一緒にお母様が握ってくれたおむすびがいつも食卓にありました。家族の愛情のカタチ。家族がおふたりの成長と健康を願い毎日作ってくれたおむすびが、亮太さんの人を想うやさしさと、倫代さんの皆を笑顔にする明るさの源としてきっとあったんだろうな、私はそんな風に思いました。 結婚という...

詳しく見る

家族の未来へ

サムネイル

決意の花が咲いた結婚式

2018.9.8

夏と秋の風が混ざった9月のはじめ。ふるさとからあたたかく見守られ結婚式を迎えたおふたりがいます。新郎の将太さんと新婦の早由莉さん。結婚式の当日、早由莉さんはご実家にてお支度を整えられました。その知らせに次々とお集まりになったご親族と近所の方々。皆さんが早由莉さんの健やかな成長を幼い頃から願い、大切に見守ってこられたことが感じ取れました。仏壇の前でご先祖様に手を合わせての結婚報告。皆と一緒の記念撮影。家族だけの時間が流れます。この時間が早由莉さんが嫁いだあとも気持ちの中に残り続...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!