山形の結婚式場|パレスグランデール/PALACE GRANDEUR

Wedding Reportウエディングレポート

すべてのレポートを見る

こいねがわくは

メイン画像

2018.6.3

みんなが“乞い願った”3人の結婚式

《乞い願わくは》とは、切に願う、あることを強く願うという意味があります。拓哉さんとあずささんの結婚式は約2年の期間を越えて「3人」で迎えることができました。

おふたりが当初予定していた結婚式を1ヶ月後に控えた2016年10月、おふたりのお子さん・煌生くんが740gで生まれました。生まれてからの24時間、超えると72時間、そして一週間。いつ、どうなってしまうかわからない状況のなか「生きてほしい」と毎日祈り続けていたことを、後に拓哉さんとあずささんは教えてくださいました。
「生きてほしい」その願いは奇跡を起こし、煌生くんと3人で迎える結婚式。煌生くんが生まれた奇跡はおふたりが出会った軌跡。そこにはいにしえから届いた命のリレーがありました。
拓哉さんとあずささんが「今」結婚式をすることには大きな意味があります。これから先の未来でも、結婚式を思い出したときに家族のあたたかさや仲間の支え、友人の大切さ、みんなの愛で命があると感じることができる。それはこの上ない原動力になると私自身そう確信しました。そしてもう一つは煌生くんの成長を見守ってもらうことをゲストの皆さんにも願うことです。《こいねがわくは》このテーマを披露宴中VTRでゲストの皆さんにお伝えしたときの皆さんの表情が私は忘れられません。「わかっているよ」と言っているかのようなとても優しく穏やかな表情でした。拓哉さんとあずささんの想いはゲストの皆さんにもしっかり伝わっていたこと、そしてこの結婚式を皆がずっと待っていたことがわかりました。

結婚式は命のリレーのスタートであることをおふたりとの出会いを通じて気付かせていただきました。この節目の日がこれからも拓哉さんとあずささん、煌生くんにとって新たなスタートとなることを願い、これからはじまる3人の未来に私はこれからも寄り添い続けます。 ウエディングプランナー松田祥子

サブ画像

サブ画像

サブ画像

木のぬくもりあふれるチャペル「エルシオン」。堅いホワイトパインの木は夫婦の不変の愛を表現しています。このあたたかいチャペルで3人で挙式をしたいという拓哉さんとあずささんの想いがこの日叶うこととなりました。
指輪の交換に合わせ、煌生くんの首にはベビーリングがそっとかけられました。「おふたり、そして煌生くんも一緒に、これからも人生が実りある最良のものになりますように。」挙式は愛で包まれたあたたかなお時間となりました。

メインソファには常にゲストの皆さんが絶えずおふたりに駆け寄ってくださりました。ウエディングケーキにはおふたりでフルーツソースをかけお互いにファーストバイト!そしてさらにおふたりは私へのサンクスバイトを設けてくださいました。
いつからかおふたりは私のことを「祥子ちゃん」と呼んでくださっていたこと、本当に嬉しかったです。結婚式を終えた後も、おふたりと一緒に人生のスタートを迎え、未来に向けた案内人として歩んでいけたら幸いに思います。

「次の家族の夢は何ですか?」私がおふたりに尋ねると「いつになるかわからないけれど3人で歩きたいな」そうおっしゃってくださいました。
この結婚式にはたくさんの願いが詰まった家族のスタートの日にしたいと思い、《歩く=ファーストシューズ》を取り入れました。皆さんにハートのスタンプを押していただき、世界に一つのファーストシューズが完成。シューズの紐は親御様に結んでいただき、そしておふたりに向けたお手紙を読んでほしいと私はお願いをしました。私の願いを快く引き受けてくださった親御様。目の前に「命のリレー」が映し出されたようでした。
そして拓哉さんとあずささんがしっかり結んだ煌生くんのシューズの紐。煌生くんへの想い、そして愛情をしっかり形に残すことができたと思います。これから愛がたくさん詰まったシューズを履いてお会いできることを私はずっと願っています。そして結婚式を通して「家族」というものを少しだけでも考えてくださったら嬉しく思います。

PalaceGrandeur Reportその他の記事

すべてのレポートを見る

Anniversary

サムネイル

記念日を迎えて深まる家族の絆を

2018.11.11

11月11日は哲郎さんと黄菜さん、二人の結婚記念日「Anniversary」になりました。 実はお付き合いをスタートされた日としてもおふたりは大事にしている日だとお聞きしました。 最近だと「ポッキー&プリッツの日」が有名でしょうか。その前までは「おそろいの日」なんて言われていました。くつしたの日でペアーズディなんて言われたりもします。ピーナッツの日、箸の日、私はお二人の寄り添う横顔が素敵は「11」に見えます。その中でもシャンデリアの向こうでお互いお鼻を「ちょん」とあわせたこの...

詳しく見る

青空の下で

サムネイル

「ちゃんと見てるよ」故郷の空で繋がった想い

2018.10.7

秋晴れの綺麗な空が広がる10月。たくさんの恵みを受け育った稲は黄金に輝き、収穫の時期を迎え、立派に育ったお米はおいしく幸せな気持ちにしてくれます。 これまでの感謝を伝え、結婚式に来ていただいた方に楽しんでいただきたいという剛さんと美穂さんの想いと少し似ているなと思いました。たくさんの恵みは育ててくれた親御様の愛情、ご友人の方の支え。おふたりで歩みはじめる人生はきっと出会う方々を幸せにすると、私はおふたりとお会いしてそう感じました。 美しい山々と水に囲まれた自然豊かな山形は...

詳しく見る

ハレ舞台

サムネイル

~ある結婚式での語り~

2018.10.7

俊介さんと奈那子さん、そしてふみのちゃんのこれまでの歩みは紛れもないノンフィクションのストーリー。ご縁があって出会い、これからどんな物語が生まれるんだろう。この結婚式はきっとそのはじまりの1ページなのかもしれません。 東京で暮らし、地域に古くから眠る話を書き起こし、朗読劇として公演をされる俊介さんと奈那子さん。伝えるべき地域の歴史を未来に語り伝えていく。おふたりの出会いのきっかけも俊介さんが務めた朗読会にあったそうです。結婚式もまた、決意と紹介と感謝の想いを表現するおふたり...

詳しく見る

節目を結ぶ

サムネイル

いつもそばにあった家族の愛情のカタチ

2018.9.8

新郎の亮太さんと新婦の倫代さん、おふたりが幼い頃にあった共通の思い出。亮太さんが学校から帰ってくると、「おかえり」と一緒におばあちゃんが握ってくれたおむすびがありました。倫代さんが朝起きた時は「おはよう」と一緒にお母様が握ってくれたおむすびがいつも食卓にありました。家族の愛情のカタチ。家族がおふたりの成長と健康を願い毎日作ってくれたおむすびが、亮太さんの人を想うやさしさと、倫代さんの皆を笑顔にする明るさの源としてきっとあったんだろうな、私はそんな風に思いました。 結婚という...

詳しく見る

家族の未来へ

サムネイル

決意の花が咲いた結婚式

2018.9.8

夏と秋の風が混ざった9月のはじめ。ふるさとからあたたかく見守られ結婚式を迎えたおふたりがいます。新郎の将太さんと新婦の早由莉さん。結婚式の当日、早由莉さんはご実家にてお支度を整えられました。その知らせに次々とお集まりになったご親族と近所の方々。皆さんが早由莉さんの健やかな成長を幼い頃から願い、大切に見守ってこられたことが感じ取れました。仏壇の前でご先祖様に手を合わせての結婚報告。皆と一緒の記念撮影。家族だけの時間が流れます。この時間が早由莉さんが嫁いだあとも気持ちの中に残り続...

詳しく見る

プラン&ニュースINDEX

閉じる

PALACE GRANDEUR

パレスグランデール
〒990-2432 山形市荒楯町1-17-40
TEL:023-633-3313 FAX:023-633-3159

Instagram

Facebook

Twitter

YouTube

Palace Grandeur on Instagram

パレスグランデールのフォトジェニックな世界観をご紹介しております。前撮りや結婚式のアイディアが満載。最新トレンドを中心にお届けしております。

Instagram

Palace Grandeur on facebook

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、当日の様子をいち早くご紹介。ホームページの更新情報もお知らせします。お届けする情報は自由にシェアしてくださいね。

Palace Grandeur on Twitter

パレスグランデールのフェア&イベントの予定や、ホームページの更新情報などをつぶやきます。フォローリムーブはご自由に。お気軽に話しかけてくださいね。

Palace Grandeur on You Tube

パレスグランデールのフェア&イベントの様子や、先輩カップルの実例ビデオを公開しています。お二人にぴったりのウエディングイメージがきっと見つかるはず!